インフォメーション
《子どもサポート情報》電車ドアにご注意!

2020.07.12.Sun

0001

 

事例

親と一緒に電車のドア付近に乗車していたところ、ドアが開いた際に、腕が戸袋に巻き込まれけがをした。

(当事者:5歳)

事例

電車のドアが開いた際に、ベビーカーに乗っていた子どもの足が戸袋に引き込まれてけがをした。

(当事者:2歳)

?ひとことアドバイス
●電車の戸袋に挟まれる事故が、0歳から5歳までの乳幼児に多く起こっています。大きなけがにつながる場合もあり注意が必要です。
 
 
●電車のドアが開く際に、子どもの手や腕、足などがドアに触れることがないように十分気をつけましょう。
 
 
●ドア付近に立たないよう、子どもに伝えることも大切です。
 
 
●ベビーカーに乗せているときや保護者が抱っこしているときにも事故が起きているので、注意しましょう。
 
 
詳細は、「電車のドア、戸袋へのはさまれ事故に注意!(東京消防庁)
 
 

独立行政法人国民生活センター(法人番号4021005002918)
Copyright © National Consumer Affairs Center of Japan All Rights Reserved

 
 
ライン
 
 

Loading

年齢で絞る 年齢で情報を絞る
絞り込みはいつでも
こちらから変更できます。

次回からこのメッセージを表示しない

キーワードで検索