インフォメーション
《子どもサポート情報》花火による事故を防ぎましょう

2020.06.22.Mon

0001 (3)

事例

自宅で兄弟3人で花火をしていた。手持ち花火が終わって下に落ちていたのを触ってしまい、右手をやけどした。

(当事者:1歳 男児)

事例

キャンプで花火をしていた。他の子どもが花火を振り回していて、それが左手に飛んできた。すぐに洗って、冷やしたが、左手の甲をやけどした。

(当事者:7歳 女児)

?ひとことアドバイス
●夏の花火は楽しいものですが、例年、子どものやけど事故が起きています。
●花火は火薬や火を使うものです。花火をする際は子どもだけで遊ばせず、保護者など大人が必ず付き添いましょう。
●子どもの行動をよく見て、花火を振り回したり、人に向けたりするなどの危険な行為はやめさせましょう。
●サンダルなどの肌の露出が多い靴、火が移りやすい素材や形の服を避けることも大切です。
●本体やパッケージなどに記載されている注意事項を必ず守りましょう。
 
 

独立行政法人国民生活センター(法人番号4021005002918)
Copyright © National Consumer Affairs Center of Japan All Rights Reserved

ライン

Loading

年齢で絞る 年齢で情報を絞る
絞り込みはいつでも
こちらから変更できます。

次回からこのメッセージを表示しない

キーワードで検索