インフォメーション
《子どもサポート情報》ブラインド等のひもに注意

2020.07.26.Sun

0001

 
 

事例

子どもがロール式網戸のひもを首に掛けた状態で発見され、救急搬送したが、死亡が確認された。

(当事者:6歳 女児)

事例

子どもが椅子に乗り、ブラインドのひもで遊んでいた。音がしたので駆けつけると、ブラインドのひもが子どもの首に掛かって、首をつった状態になっており、急いで外した。

(当事者:3歳 男児)

?ひとことアドバイス
●家庭のブラインドやロール式網戸等のひもが子どもの首に掛かり、重大な事故が起きています。
 
●ブラインド等を購入する際は、ひも部分がない商品や、一定の重さが掛かるとひものつなぎ目が外れる機能のある商品など、安全対策の施された商品を選びましょう。
 
●ひも部分のある商品を使用している場合は、子どもの手が届かない高さにひもをまとめ、クリップ等で留めましょう。
 
●子どもが椅子やベッド等に登ると、高い位置のひもでも子どもの手が届く場合があります。部屋の家具の配置にも注意しましょう。
 
 
「ブラインド等のひもでの子供の事故に注意!」(東京都生活文化局)
 

独立行政法人国民生活センター(法人番号4021005002918)
Copyright © National Consumer Affairs Center of Japan All Rights Reserved

 
 
ライン
 
 

Loading

年齢で絞る 年齢で情報を絞る
絞り込みはいつでも
こちらから変更できます。

次回からこのメッセージを表示しない

キーワードで検索