インフォメーション
《子どもサポート情報》お菓子を食べたら酔っぱらった!?

2020.03.01.Sun

0001 (4)

 
 
‼事例1

洋菓子店で購入したパウンドケーキを食べた娘が嘔吐した。ブランデーが使われていたが、購入時にアルコール入りという説明はなかった。

(当事者:7歳 女児)

事例2

お土産でもらったゼリーを食べた後、子どもの顔が赤くなり、息が酒臭くなって酔っ払ったような状態になった。

(当事者:1歳、3歳)

?ひとことアドバイス

  • お菓子にアルコールが入っていると思わずに子どもに与えてしまい、子どもの具合が悪くなったという報告が寄せられています。
  • 菓子類には洋酒などが使われているものがあります。飲料ではアルコールが1%以上含まれているものには「酒類」の表示が義務付けられていますが、菓子類にはありません。店頭で確認したり、原材料の表示をよく見たりするなど注意が必要です。
  • 事例のほかにも、液体の色や容器が類似しているため、清涼飲料と間違えてアルコール飲料を子どもが飲んでしまうケースもあります。
  • 子どもの場合、アルコールの摂取量によっては深刻な事故につながるおそれがあります。子どもの飲食物には日ごろから注意しましょう。

 
?参考
清涼飲料と誤認されやすい『低アルコール飲料』について
 
 
 

独立行政法人国民生活センター(法人番号4021005002918)
Copyright © National Consumer Affairs Center of Japan All Rights Reserved

 
 
ライン
 
 

Loading

年齢で絞る 年齢で情報を絞る
絞り込みはいつでも
こちらから変更できます。

次回からこのメッセージを表示しない

キーワードで検索