• 年齢別で探す
  • 妊娠中
  • 赤ちゃん
  • 1~2歳
  • 3~6歳
  • 小学生以上
  • 目的別で探す
  • 知りたい
  • 相談したい
  • 予防接種について
  • その他で探す
  • ケース別手続き
  • マイ支援

10月1日からB型肝炎ワクチン定期予防接種

10月1日からB型肝炎ワクチン定期予防接種

●B型肝炎とは
B型肝炎は、B型肝炎ウイルスの感染により起こる肝臓の病気です。B型肝炎ウイルスは血液を介して感染します。集団生活の中でも、けがなどを介して感染することがあり、本人が知らないうちに感染している場合もあります。感染には一過性の感染と慢性的な感染(キャリア化)があります。キャリア化すると慢性肝炎などの肝臓の病気になる可能性があり、そのうち一部の人は、肝硬変や肝がんなど、命に関わる病気を発症することがあります。特に、乳幼児で感染するとキャリア化するリスクが高いため、ワクチンを接種してB型肝炎ウイルスへの抵抗力をつけることが、重要な予防策とされています。

●対象者は
平成28年4月1日以降に生まれた0歳時です。対象者には通知しますので、医療機関へ予約した後、接種をお願いします。
※定期要望接種開始前に、任意予防接種としてB型肝炎ワクチンを接種している場合、10月1日以降は残りの回数を定期予防接種として接種することになります。

●回数、スケジュール
全3回の接種を行います。
27日以上の間隔をおいて2回皮下に接種した後、1回目の接種から139日以上の間隔をおいて、3回目の皮下接種を行います。
【ご注意ください!】
1回目の接種から3回目の接種を終えるまでには、おおよそ半年間かかります。特に、平成28年4月・5月生まれで、10月の定期接種開始以降初めてB型肝炎ワクチンを受けるお子さんは、10月時点で既に生後5~6ヶ月が経過していますので、接種日程の管理が重要です。

お問い合わせ
健康づくり課
TEL:0547-34-3281

スマートフォンサイトへ