• 年齢別で探す
  • 妊娠中
  • 赤ちゃん
  • 1~2歳
  • 3~6歳
  • 小学生以上
  • 目的別で探す
  • 知りたい
  • 相談したい
  • 予防接種について
  • その他で探す
  • ケース別手続き
  • マイ支援

食中毒警報(ノロウイルス食中毒 第1号)

食中毒警報(ノロウイルス食中毒 第1号)
発表日時:平成30年12月27日14時00分
(有効期間:平成30年12月27日から平成31年1月2日まで)

平成30年12月18日~20日かけて、県内で、ノロウイルス食中毒が2件連続して発生しました。発生の主な原因は、感染している調理者従事者から汚染された食品を喫食したことによるものです。
食品取扱施設及び一般家庭に注意を促すため、食中毒警報(ノロウイルス食中毒 第1号)を発表します。

注意事項
ノロウイルスは食品中では増えず、人の腸管内で増えます。感染すると、吐物やふん便中にウイルスが排泄されるので、次の事項に注意が必要です。
1.食品への二次感染を防ぐため、調理前、トイレの後は石鹸でよく手を洗い、ウイルスを洗い流す、特に、下痢やおう吐の症状がある時、オムツ交換を行った後は、手が汚染されている危険性が高いので、しっかりと手を洗う。
2.加熱が必要な食品な中心部までしっかり加熱調理する(85℃以上で1分間以上の加熱)。特に、カキなどの二枚貝の調理時に注意する(85~90℃で少なくとも90秒間の加熱)。
3.下痢やおう吐等の症状がある場合は、食品を直接取扱う作業を控える。
●島田市ホームページ(ノロウイルス食中毒警報)

 

スマートフォンサイトへ