• 年齢別で探す
  • 妊娠中
  • 赤ちゃん
  • 1~2歳
  • 3~6歳
  • 小学生以上
  • 目的別で探す
  • 知りたい
  • 相談したい
  • 予防接種について
  • その他で探す
  • ケース別手続き
  • マイ支援

金谷茶まつり(2年に1度の開催!!)

新茶とともにお茶のまち「金谷」の季節到来!
平成30年4月14日(土)、15日(日)に開催いたします!
※雨天中止の場合につきましては、下記のホームページからご確認ください。
●島田市観光協会ホームページ
●島田市ホームページ

金谷茶まつりは、井桁模様の紺がすりの着物に茜だすきの茶娘たちが踊る茶娘道中をはじめ、屋台道中や金谷大井川川越し太鼓が通りに繰り出て、新茶の季節の到来を告げる2年に一度の大イベントです。
金谷駅前通りに総勢千人余りの茶娘がずらりと並び、一斉に踊りを披露する「茶娘合同踊り」は最大の見どころです。
また、メイン会場周辺にもてなしコーナーを設け、お茶をはじめ地域特産品の紹介や販売など、お茶のまち「金谷」を全国にアピールします。

■茶娘道中
茶娘道中は主に午前中10:00~12:00で、市内の各所で披露されます。
姉さんかぶりと茜だすきにカスリの着物姿のかわいい子供の豆茶や茶娘が目抜き通りなどを練り歩き、「ちゃっきり節」「金谷音頭」などの曲に合わせて華やかに踊りが披露されます。

■茶娘合同踊り
午後から開催される茶娘合同踊りは、総勢千人余が参加し、JR金谷駅前通り約400mの間にずらりと並び観光客の目を楽しませます。

■屋台道中 *今年は3回連続の正面付けが見られます!
屋台道中は住民総参加を呼び掛けて昭和62年から始まりました。
金谷地区を6ブロックにし、それぞれ500人余りの人がそろいの法被姿で、勇ましい掛け声や踊りを披露しながら屋台を引き回します。
呼び物は2第の屋台が道の真ん中で出会う「屋台正面付け」。
それぞれの屋台代表が口上を述べ合い、合図とともに屋台の位置をずらして2台が無事すれ違うと見守る観光客から大きな拍手が沸き起こります。

■川越し太鼓道中
金谷には、昔から習わしとして、正月に子供たちが太鼓をたたいて競い合う遊びがありました。
その力強く勇壮なリズムは、徳川家の陣太鼓がルーツとされています。
伝統の正月太鼓の迫力を再現するため、昭和47年に「大井川川越し太鼓保存会」が発足し、今に至っています。
江戸時代の単純なリズム以外に、現代風にアレンジされた新しい形が創りだされ、その中にかつての力強い迫力が再現され、各地で演奏されます。

■おもてなし広場
JR金谷駅前通り周辺の「おもてなし広場」では、お茶の手揉みの実演やお茶のサービス、地場産品の販売、ミニ製茶機の実演などが開催されます。

●島田市ホームページ(金谷茶まつり)
●島田市観光協会ホームページ(金谷茶まつり)
hp

金谷茶まつり問合せ先
金谷茶まつり保存振興会:0547-46-3923
島田市観光協会:0547-46-2844
島田市役所 観光課 観光交流係:電話番号0547-36-7163

 

スマートフォンサイトへ