• 年齢別で探す
  • 妊娠中
  • 赤ちゃん
  • 1~2歳
  • 3~6歳
  • 小学生以上
  • 目的別で探す
  • 知りたい
  • 相談したい
  • 予防接種について
  • その他で探す
  • ケース別手続き
  • マイ支援

田代環境プラザ「見学者の声」

田代環境プラザ「見学者の声」
見学に来ていただいた方から寄せられた感想などを紹介します。
(語尾等を一部変えているところや抜粋してあるところがあります。)
田代環境プラザでは、見学の際にエコライフチェックを配布し、ごみ減量に取り組んでいます。

●平成29年度
■島田市立川根小学校【平成29年6月28日見学】
1.子どもたちの声
・ごみは燃やすと思っていましたが、1800℃の溶融炉の中で溶かされていておどろきました。
・生ごみがたいひになるのはびっくりしました。
・雨水を利用して、収集車を洗車していて、びっくりしました。
・ごみを減らすには、日ごろから、モノを大切にすることだと分かりました。
・食べ物をそまつにしないで、残さず食べたいです。
・ごみを減らす活動をしたおので、まず食べ残しゼロをめざします。
・ごみクレーンは、昼間は人がそうじゅうして、休みや夜は自動で動くことにおどろきました。

■島田市立初倉小学校【平成29年7月3日見学】
◆子どもたちの声
・着なくなった服は、洗っていとこや友達にあげています。また、使わなくなったおもちゃなども近所の子どもにあげてとてもよろこばれています。
・地球温だん化を防ぐためにご飯は残さず食べる。
・使わないものは買わないようにして、地球温だん化が進まないようにしていきたいです。
・ごみを減らすには好ききらいをしない、使えるノートをすてない、こわれたおもちゃもすてないでしゅうりして使いたい。
・一日平均で、一人800gのごみを出していることがわかりました。
・ごみは、私たちが住んできる地球にも関係していることが分かりました。
・ごみを減らして未来の地球を守りたいと思いました。
・ごみをドロドロにとかして、次に冷やされてスラグとメタルに再利用されることが分かりました。
・田代かんきょうプラザにごみがたくさんたまらないように使えるものは、しゅうりして使って、食べ物もなるべくのこさないようにしようと思った。
・ごみをもやすと思っていたけど、本当は1800℃の温度でごみをとかすことが分かりました。
・リサイクルされたペットボトルは服になったり、新聞紙は、トイレットペーパーや紙になることが分かりました。
・かんきょうのことを考えて行動していかないとごみは未来のことにかかわっているので、食べ残しやこわれたものもしゅうりして使おうと思いました。
◆おうちの方の声
・ごみの分別、不要なものは買わない、エコバック、マイボトルの持参、生ごみは水を切ってから捨てるなど、出来ることから少しずつ取組んでいきたいと思います。
・ごみの減量を心掛けて、よく考えて買う、食材をしっかり使い切ることをさらに意識したいと思います。
・家庭でのごみ出しに、子ども達も参加する必要があると思います。
・みんなの地球だから、私たち一人ひとりが意識する大切さを学ぶことが出来たと思います。これからも、リサイクルしたり物を大切に使い少しでもごみを出さない工夫をしていきましょう。
・日本は資源が少ないのでもっと大切に物を使っていきたいです。特に食べ物は残さないようにしましょう。

■島田市立六合小学校【平成29年7月13日見学】
◆子どもたちの声
・これから未来のことを考えて、ごみを減らしたり、再利用したりすることを考えていきたいです。
・ごみピットのクレーンが、夜や休みの日に自動運転していることにおどろきました。
・給食の野菜くずなどが生ごみたいひとして利用されていることが分かりました。
・これから少しでもリサイクルしようという気持ちになりました。
・地球温だん化のことを考えてリデュース、リサイクル、リユースを心がけて生活したいです。
・これからの未来、自分の子どもたちの世代の時に、地球がすごくキレイになっているために、なるべくごみを減らす工夫をしたい。
・田代かんきょうプラザは、ごみをもやすのではなくとかす処理をしていておどろきました。また、とかしたものが、スラグとメタルになり、ブロックやきかいのおもりになることが分かりました。
・使えるノートやえんぴつは捨てないように気をつけます。また、こわれたおもちゃはしゅうりします。
・ごみを減らす活動を未来につなげ、いつまでもその活動をつづけていきたい。

◆おうちの方の声
・不要なものは買わないようにして、マイバックを持って買い物をしています。
・ごみを減らす努力をすれば環境にもやさしく、物を大切に使おうと言う行動につながると思います。使い捨てが多くなってきた今の時代だからこそ、捨てる前にもう一度確認してみようと思います。
・自分たちが出しているごみがどのように処理されているか知ることができたほか、ごみを減らすにはどうしたらよいかを考えるきっかけになりました。
・生活の中で、リサイクルできる物は、ごみとして処分しないでリサイクルすることにより、ごみの減量につながる。

環境課 施設係
島田市伊太7番地の1 田代環境プラザ
電話番号:0547-34-1122
ファックス:0547-34-5501

 

スマートフォンサイトへ