• 年齢別で探す
  • 妊娠中
  • 赤ちゃん
  • 1~2歳
  • 3~6歳
  • 小学生以上
  • 目的別で探す
  • 知りたい
  • 相談したい
  • 予防接種について
  • その他で探す
  • ケース別手続き
  • マイ支援

島田大祭開催について

みなさん、こんにちは★
3年に1度、10月中旬に開催される島田大祭。大井川鎮護や安産の神として信仰されている大井川神社の祭りで、1695年(元禄8年)に神事祭式が定まり、初めて神興が渡御(とぎょ)されてから平成28年で108回を数えます。当初の供奉(ぐぶ)の行列は、神興の他に代官をはじめ宿役人、一般の宿民が続き、鹿島踊りや大奴もこの時代から加わっていました。
現在では一般に「帯まつり」の名で知られ、その名は島田宿に嫁いできた女性が安産祈願を大井神社にお参りしたあと、宿場内に帯を披露していたものが、いつしかお嫁さんの代わりに大奴が金襴緞子(きんらんどんす)の丸帯を太刀に掛けて練り歩くようになったことに由来し、日本三奇祭に数えられています。

●第108回開催日●
平成28年10月8日(土曜日)、9日(日曜日)、10日(月曜日・祝日)
寅・巳・申・亥年の10月中旬の3日間
第108回島田大祭のスケジュールについては、下記のファイルを御確認下さい。
第108回島田大祭スケジュール(PDF)

●場所●
島田市本通及びその周辺
第108回島田大祭の交通規制図及び会場案内図については、下記のファイルを御確認下さい。
第108回島田大祭交通規制及び会場案内図

●駐車場●
大井川緑地公園駐車場など

●交通アクセス●
JR島田駅から徒歩5分

●島田大祭に関する問合せ先●
島田市観光協会:0547-46-2844

●祭りのしくみ●
島田大祭は、神興の渡御行列につくお供(大名行列・鹿島踊り・屋台等)が有名になった祭りです。お供は、お渡り(祭りの最終日)以外はそれぞれが独立して町内外を巡ります。このお供の行列は、古くから島田宿の大井神社の氏子や町内ごとの祭典組織による構成されています。各町内会ごとの祭典組織を「街(がい)」といいます。

お問い合わせ
観光課 観光交流係
島田市中央町1-1
電話番号:0547-36-7163
ファックス:0547-37-8200

スマートフォンサイトへ