• 年齢別で探す
  • 妊娠中
  • 赤ちゃん
  • 1~2歳
  • 3~6歳
  • 小学生以上
  • 目的別で探す
  • 知りたい
  • 相談したい
  • 予防接種について
  • その他で探す
  • ケース別手続き
  • マイ支援

ネットの危険からお子様を守るために

ネットの危険からお子様を守るために、保護者ができること

◆インターネット上に、犯罪や薬物に誘う内容や、著しく残虐、わいせつ内容の有害情報が流通する中、青少年によるインターネット利用が急速に拡大しています。
◆お子様がどんな使い方をしているかご存知ですか?
インターネットにつながる危機は身近にいろいろあります。SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)・?
◆インターネットの利用に起困して、性犯罪被害など深刻な問題が生じています。

●保護者ができる3つのポイント
①被害者にも加害者にもしないために、適切なインターネットの利用を促しましょう。
・初めてインターネットを利用させるときや新しい機器を持たせる時が肝心です。何のために必要なのか、どのように使うのか、親子で話しあいましょう。
・お子様の成長に合わせて、インターネットを利用させる範囲やサービスを広げていきましょう。
②家庭のルールをお子様と一緒に作りましょう。
・実社会でやっていけないことは、インターネット上でもやってはいけません。お子様にルールやマナーを守る習慣を身に付けさせましょう。
③不適切な情報や危険な出会い等を防ぐために、フィルタリングを賢く利用しましょう。
・フィルタリングは、お子様が危険な目に遭うリスクを減らせる便利な仕組みです、年齢や使い方によりレベル設定ができ、利用したいサイトの個別設定もできます。上手に使ってお子様の安全を守りましょう。
・お子様の求めに応じ、保護者がフィルタリングの重要性を理解しないまま、フィルタリンングを設定していないケースが増えています。

■保護者自身が気をつけること
・お子様は保護者の行動を見て、学び、育ちます。お子様だけでなく保護者自身も適切なインターネット利用を心がけましょう。
・お子様のネット利用に起困するSOSを見逃さないよう、地域、学校、学級、保護者間でお子様たちを見守りましょう。

A4_001

 

スマートフォンサイトへ