• 年齢別で探す
  • 妊娠中
  • 赤ちゃん
  • 1~2歳
  • 3~6歳
  • 小学生以上
  • 目的別で探す
  • 知りたい
  • 相談したい
  • 予防接種について
  • その他で探す
  • ケース別手続き
  • マイ支援

スクすく子育て 赤ちゃんの「食事」と「栄養」

●離乳はあせらずに●
赤ちゃんは、母乳や育児用ミルクを飲んで、ぐんぐん成長します。生後5・6カ月には、少しずつ食べ物から栄養を取れるようになり、約1年間で離乳します。ミルクの飲み方や離乳食の量・食べ方には、個人差があります。赤ちゃんの発達・発育に合わせて、食べ物と栄養を考えていきましょう。
離乳初期/十倍粥やスプーンの感覚に慣れることを目標に、離乳食を進めましょう。
離乳中期/離乳開始から1ヵ月を過ぎたら、1日2回食へ。野菜や果物、肉や魚などのたんぱく質を中心に、食べ物の種類と量を増やします。少しずつ栄養バランスにも注意しましょう。
離乳後期/9ヵ月を過ぎたら1日3回食へ。この頃から「食べたい」という意欲が出てきます。手づかみ食べも、十分にさせてください。栄養の大部分が、食べ物から取れるようになったら離乳完了。1歳6ヵ月頃が完了の目安です。

●幼児食を始めよう●
かむことが上手になったら、次は「幼児食」です。歯ごたえのある物・滑らかな物を取り混ぜ、食に関する興味やかむ意欲を育てましょう。この時期は、運動量が多くなり、必要とするエネルギーや栄養素量も増えてきます。1日3回の食事と1・2回のおやつで、栄養を補いましょう。おやつは、菓子やスナック類、ジュースや乳酸菌飲料ではなく、小さなおにぎり・ヨーグルト・果物などにしましょう。
【気軽にご相談ください】
健康づくり課では、毎月、おおむね4ヵ月児の保護者を対象に、離乳食講習会(託児あり)を実施。食生活・乳幼児相談でも、赤ちゃんの離乳食や栄養についての相談を受け付けています。
☆Q&A
Q:生後3・4ヵ月頃から、離乳の準備が必要?
A:以前は、離乳準備として果汁や重湯などを与えていましたが、果汁の過剰摂取や低栄養・発育障害との関連が報告され、現在は勧めていません。

赤ちゃんの成長に合わせ、楽しく考えましょう
お問い合わせ
健康づくり課 健康支援係
℡34-3281

スマートフォンサイトへ