• 年齢別で探す
  • 妊娠中
  • 赤ちゃん
  • 1~2歳
  • 3~6歳
  • 小学生以上
  • 目的別で探す
  • 知りたい
  • 相談したい
  • 予防接種について
  • その他で探す
  • ケース別手続き
  • マイ支援

インフルエンザの流行状況について

静岡県内のインフルエンザ患者報告数が「注意報レベル」を超えました(詳細は下記のリンク先をご覧ください。)

 

感染の拡大を防ぐためには、一人ひとりがインフルエンザにかからないようにすること、また、かかってしまったときには、他の人にうつさないようにすることが大切です。

 

市民の皆様には、 「 うつらない 」 ・ 「 うつさない 」を対策の基本に、 感染拡大防止 の 強化 に 努 めていただきますようお 願 いします。

 

 

 

anjyu3P2A1999_TP_V-1024x682

 

 

 

家庭や職場などでの感染拡大対策

 

 

「 うつらない 」「 うつさない 」 ための 取組の徹底について
「うつらない」ために、こまめに手洗いをしましょう
「うつさない」ために、マスクと咳エチケット(ティッシュや腕の内側などで口と鼻を覆い、顔を他の人に向けないなど)を心がけましょう
なるべく人混みを避け、人混みに入る場合いは、マスクを着用しましょう
室内の換気を行うとともに、適度な湿度に保ちましょう
十分な栄養と睡眠をとり、健康管理につとめましょう

 

 

インフルエンザにかかったら
咳や熱等の症状が出た場合は、自宅で安静にし、まずは水分補給や解熱剤で様子をみましょう。症状の悪化が見られれば受診しましょう。

  1. けいれん(ひきつけ)
  2. 意識がはっきりしない
  3. 呼吸が荒く苦しい
  4. 水分をとれずぐったりしている

等の症状の場合は、直ちに受診してください。

 

インフルエンザと診断されたら医師の指示を守り、外出を控えるとともに、家庭内でもマスクや咳エチケットを徹底し、十分な休養をとりましょう。

 

ライン

 

 

スマートフォンサイトへ