• 年齢別で探す
  • 妊娠中
  • 赤ちゃん
  • 1~2歳
  • 3~6歳
  • 小学生以上
  • 目的別で探す
  • 知りたい
  • 相談したい
  • 予防接種について
  • その他で探す
  • ケース別手続き
  • マイ支援

お母さん業界新聞について+静岡百万母力プロジェクト

◆お母さん業界新聞について(静岡版)知りたい!気になる!誰が作っているの?
支援されるお母さんからアクションするお母さんへの第一歩!!あなたもお母さん記者(マザージャーナリスト)になりませんか?

1.「お母さん業界新聞静岡版」って何?
お母さんの心やお母さんを応援する記事や広告の詰まった「お母さんはスゴイ!!」を伝える新聞です。
2015年11月より、「静岡版」がスタートしました。
地域のお母さんたちの手から手へ。公共施設や店舗・幼稚園・保育園などで配布しています。

2.記事を書いているのは誰?
P6~P7のコラム記事を書いているのはお母さん記者です。
お母さん記者とは、「マザージャーナリスト」(MJ記者)のことです。お母さん業界新聞のMJ記者は全国に400名います。
「お母さん業界新聞」はマザージャーナリストたちが執筆しています。

3.お母さん記者になるにはどうすればいいの?
ライターや編集の経験がなくても大丈夫!
日々の子育ての中で発見することや感動を喜びや悩みをそのまま発信してください。
お母さん記者になるには「お母さん大学」に入学(登録)することで可能になります。

4.「お母さん大学」とは?
お母さん大学とは、いわゆる学校法人ではありません。カタチのない大学です。ペンを持ちお母さん記者として活動することが、学びであり、日々の生活がキャンパスです。SNSでのコミュニティや、イベントもありますよ!年間3,000円の学費が必要です。
※詳しくはTELまたはHPをご覧ください!

◆連絡先◆
お母さん業界新聞静岡版編集部
静岡県島田市中溝町2512-4
℡090-3937-5052(杉本)
E-mail:okaasangyoukai.shizuoka@gmail.com

■静岡百万母力プロジェクト↓↓↓

■編集長会議やっています。
お母さん大学静岡支部では〈ははのわ〉のほかに、毎月末に翌月号の新聞受け取りを兼ねた〈地域版編集長会議〉を開いています。
ここでは編集長同氏の情報交換はもちろん、最新号の地域版交換などが行われます。編集長たちが月1回顔を合わせることで、新聞に関わっている意識の共有やモチベーション維持を担っています。
そのとき掛川版の杉山編集長が渡してくれるものがあります。それは心のこもったみんなへの感想文。お菓子付きの手書きの手紙を、毎月欠かさず一人ひとりに手渡してくれるのです。
そんなちょっとした気配りができるのも、お母さんならでは!
あきちゃん、いつもありがとう!

■講演会に呼んでください!
「お母さんはスゴイ!」と「お母さんのココロ」を静岡県内のお母さんたちに伝えたい!お母さん業界新聞静岡版編集長(杉本真美)が、幼稚園・保育園・学校・子育て応援関連のところへ伺って、お話させていただきます
詳しくは、お母さん大学静岡支局までご連絡ください。

■表紙の親子モデル募集中!
本紙「お母さん業界新聞静岡版」の表紙モデルになってくれる方はを募集しています。撮影を担当するのはプロカメラマン集団(全員お母さん)「ふぉと*いろ」さん。
子どもの心を上手につかみ、とびっきりの写真を撮影してくれます。ご希望の方は、メールでお問合せください。
お母さん大学静岡支局 ℡090-3937-5052(杉本)
E-mail:okaasangyoukai.shizuoka@gmail.com

お母さん大学ホームページ
お母さん業界新聞 静岡ホームページ

 

スマートフォンサイトへ